離乳食教室

住んでいる市で離乳食教室がやっているとのことで参加しました。なんせ料理が得意ではないので、参加しないとやばいな…という気持ちがあったので…。離乳食なんて今までの人生で作ったことないので全然勝手が分からなかったのもあります。

この時期のまるちゃんはママじゃないとダメ!というときがあるのもあり、連れていってもいいみたいだったのでお留守番させずに、念のためばあばにもついてきてもらい別室で待機しててもらいました。
「どうしてもお子さんが泣き止まない場合はママを呼びますね」
とのことで、なんとなく呼ばれるんじゃないかという気はしてました。まるちゃんは諦めずにずっと泣き続けるタイプなので…。

調理の方ですがグループになり、10倍がゆをはじめとして何品か作りました。
・10倍、7倍、5倍がゆ
・白身魚とブロッコリーの出汁煮
・すりりんごとにんじんの和え物
・バナナきなこ
などを調理し、質疑応答後、実際に食べるといった流れです。
出汁は昆布から取るとのことで、いつもだしの素に頼っていた私は一気に不安が募ります…。これをやらねばならぬのか…。
すりりんごとにんじんには加熱の際に昆布だしで煮たので、まさかの組み合わせにびっくりです。料理のセンスが皆無の私は料理ができる人のセンスについていけれねぇ…。これとこれが合うとかわかんねぇよ…。
そんな感じで先々が不安になりつつ、一緒のグループの人達の手慣れた素晴らしい手際であっという間にできました。役立たずが紛れており申し訳ない。

調理が終わり、質疑応答に移ろうとしたとき、保健師さんがそそそっと来まして
「お母さんが呼んできてほしいとのことで…いいですか?」
やはりな。呼ばれると思いました。調理室を抜け出し、まるちゃんのところへ行くと大変泣いておりました。ばあばも粘ったらしいのですが、お手上げなくらい泣き止まないとのことです。私が抱くとスッと泣き止みました。

このままだとずっと抱っこしていないといけなくなってしまい調理室に戻れないので、ついでに授乳もしました。ちょうど時間だったのもあり…。
飲んだらご機嫌になったらしく、ばあばの抱っこでも泣かないので無事に戻れました。
戻ったときにはみんな試食も終わっており、そろそろ帰るモードでしたが…。

作ったものを試食したのですが、私が個人的に一番おいしかったのはバナナきなこです。

バナナときなこを合わせただけなので、大人でも全然いけます。すりりんごとにんじんを和えたものもりんごベースの野菜ジュースみたいな味でおいしかったです。白身魚とブロッコリーのやつも薄味ではありますが、出汁がきいてておいしくいただけました。

途中抜け出すことになりましたが、実際に調理できたし、どれくらい野菜を柔らかく茹でるのかも分かり、今回作ったレシピもいただいたので、離乳食教室に行ってみて良かったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です